看護師になる人の受験対策|整体師の学校でノウハウをガッツリ学ぼう!

整体師の学校でノウハウをガッツリ学ぼう!

ウーマン

看護師になる人の受験対策

看護師

言葉遣いや態度が大事

看護学校の受験では筆記試験と面接試験が行われます。筆記試験は過去問などを参考に勉強をすればいいのですが、面接の場合は人間性が合否の判断の基準となります。看護師という仕事は患者と接する仕事なので、特に言葉遣いやものの考え方などが大事です。看護学校によって面接の形式は違ってきます。個人面接、集団面接、討論形式などがあります。自分の受験する学校の面接の形式をあらかじめ調べて対策をします。注意が必要なのは集団面接です。複数の受験生と一緒に臨むので、比較されてしまうからです。基本的には背伸びをせずに自分の良さを素直に出せばいいのです。また他人の話をよく聞いておくことが大事です。討論形式の場合はテーマが与えられるので、自己主張するだけでなく他人の意見も尊重する態度が必要になります。

想定問答で練習すること

看護学校の面接試験では自分がこれまでにしてきたことなどよりも、言葉遣いや態度や身だしなみが重要視されます。また質問に対する受け答えが落ち着いているかどうか、質問の内容を正しく理解しているかどうかなども評価の対象になります。答えをわかりやすく相手に伝えられるかどうかが大事です。看護学校の面接で必ず聞かれる質問というのがあります。それは看護師を志望する理由や動機についてです。他の職業と違って看護師は命を預かる仕事です。安易な理由や動機は避けるべきです。また自分のどの点が看護師に向いていると思うか、という質問も必ず出ます。このような質問に備えてあらかじめ想定問答をしておくと、その場で慌てずに好印象を与えることができます。